大学英語教育プログラム

同じプログラムはありません。

SEICOでは大学及び学部ごとに必要とされる英語技能を習得、目標を達成出来るために最も適したと考えられるカリキュラムをご提案致します。一口に大学生対象の英語教育といっても、その目的・レベル・選考に応じて適切なカリキュラムは必ずあります。時代の流れに対応できていない授業内容では「生きた英語」「使える英語」は養えません。大学あるいは学部の実情を踏まえて、ご担当者様と共に完全オリジナルのカリキュラム作りの手助けをさせていただきます。英語関連の授業を、それを履修される学生にとって本当に身のあるものにする事がプログラムの価値を向上させる事につながる、とSEICOは考えます。

 

 

管理体制

 

Management System

 

授業を担当させていただく講師とは別に、大学・学部毎にSEICOにて総合責任者及び担当コーディネーターとして授業日に大学へ赴任するインストラクション責任者を配置。プログラムの運営、教材の使用状況、各講師の教授方法について、大学と随時連絡及び協議できる体制をとります。また、必要に応じて大学での報告会を行います。